ドラゴンボール超【第112話】あらすじと感想!弟子のキャベと師匠のベジータの絆!


ドラゴンボール超(スーパー)の第112話のタイトルはこちら!
「サイヤ人の誓い!ベジータの覚悟!!」

2017年10月22日放送

スポンサーリンク

前回のあらすじ

ジレンとの戦いで瀕死だった悟空。
フリーザが気を分け与えた事により復活。
ナメック星でのカリを返しました。

一方、ヒットとジレンが対決!
時とばしや異次元空間に移動する技もジレンには通じず苦戦するヒット。

殺し用の技を囮にして、ついにジレンにヒットの奥の手が炸裂!
「時とばし」をジレンのみにかけ続けて動きを止める技です。
しかし時間さえも凌駕する強さのジレンは強引に打ち破ろうとするのでした。

やむを得ずヒットが渾身の力を込めた捨て身の一撃を打ち込みます!
動きを封じられているジレンは目力だけで弾いて打ち破るのでした。

強力なエネルギー弾で吹っ飛ばされたヒットは場外となり失格。
強敵が存在しなくなったと判断したジレンは瞑想して休息。
力の大会の時間は残り半分です。

第112話の予告と先行あらすじ

第4宇宙の女戦士モンナが第6宇宙の女サイヤ人カリフラとケールにしかける。
第6宇宙生存の鍵であるカリフラ達の盾となるべくキャベはモンナに立ち向かうが・・・!

【ジャンプによる先行あらすじ】

サイヤ人の誇りと絆!
キャベを助けるベジータ!!

ヒットを失った第6宇宙は、これ幸いと他の宇宙から狙われてしまう!
そんな中、弟子であるキャベを助けようとベジータが動く!!

ドラゴンボール超の第112話

【アニメ誌による先行あらすじ】

第6宇宙のキャベは自分よりも戦闘力の高いカリフラたちに万全の状態で強い敵に挑んでもらうため第4宇宙のモンナと闘う。
モンナの攻撃に押され、場外に飛ばされそうになるキャベだが、それを第7宇宙のベジータが救う。
ベジータは弟子でもあるキャベにサイヤ人として悔いのない闘いをしろと言う。

力の大会も大詰め。
第6宇宙のために戦うキャベだったが、第4宇宙のモンナの超高速体当たりに苦戦する。
これまでかと思われた時、なんと救ったのはベジータだった。
「MVPを取るつもりで戦え。」とキャベの奮起を促すが、それを面白く思わないフリーザは・・・。

第112話の予想と考察

キャベはベジータの弟子と自負してます。
しかしベジータがキャベを弟子と認めた描写はなかったですね。
スーパーサイヤ人に覚醒するきっかけを作ってあげたり気にかけている事は確かです。
教えを請うキャベをボコボコにしてましたけどね。

今回もベジータに強烈な膝蹴りを食らっているキャベ。
自分よりカリフラやケールの方が強いという弱音を吐いたため喝を入れられているのかもしれません。

ついにモンナが本格的に動き出します。
ベジータに喝を入れられたキャベによって落とされる予感がします。

そしてサイヤ人が大嫌いなフリーザ。
キャベを狙うようですね。

第113話と第114話の先行あらすじにカリフラとケールの名前は出てきますが、キャベの名前は出てきません。
そんな事からフリーザとキャベが戦ってフリーザが勝利しそうな予感です。
今回でキャベが脱落するかもしれませんね。

第112話のストーリー 前編

静まり返っている観覧席。
瞑想しているジレン。

体力が限界でもジレンと戦う気満々の悟空。
ウイスによれば体は疲れていても気分が高揚しているとの事。
戦いたい気持ちを抑えるのは難しい様子。

残り50タックと聞いて時間切れになったらどうなるのかを確認する全王たち。
大神官が残った人数が多い宇宙が勝ちだと伝えます。

第7宇宙が残り7人のため優勢です。
第3宇宙の界王神エアやモスコが悟空を狙うように戦士達に指示!
さっそく第3宇宙の戦士に狙われるのでした!

その状況に気付いたピッコロ。
悟飯に悟空を助けに行くように伝えますが、悟飯は悟空を信じるとの事。
目の前の戦いに集中したい様子。
そんな2人が戦っているのはナメック星人のピリナとサオネルです。

ピリナの口からの追尾エネルギー弾を弾く悟飯。
しかしその隙に蹴り飛ばされます!

ピッコロはサオネルと戦闘中!
押されるピッコロ。
オーラの剣でトドメを刺される瞬間を悟飯に助けられるのでした。
その隙にピッコロがエネルギー弾で吹っ飛ばしますがピリナがサオネルを救います!

向かい合う両者。
悟飯とピッコロが少し押されている感じですね。
他の宇宙にこれほど強いナメック星人がいた事に、少し嬉しそうなピッコロでした。

第7宇宙の人数を減らせと叫ぶシャンパ!
そして第6宇宙の戦士には逃げ回れと叫んでいます!
ジレンには敵わないためです。
残りの数の多さで勝つしかない様子。

一方、カリフラとケールの場面です。
ジレンの強さに脅えるケール。
カリフラには恐怖は無い様子。
悟空とジレンの戦いをみてサイヤ人の強くなれる可能性に期待しているようです。

そんな時にそばの岩山が爆発してモンナが登場!
キテラによるとモンナはヒットを失った第6宇宙を潰すチャンスだと分かっているとの事。
売られた喧嘩をかおうとするカリフラ。

そんな時にキャベが登場!
邪魔するなとお怒りのカリフラ。

3人まとめてかかってこいと余裕のモンナ。
キャベ「あなたの相手は僕1人で十分だ。」
とびかかってきて掴み合うキャベ。
力ではキャベが負けていて押されています。

代われと叫ぶカリフラ。
必死でつかみ合いながら、カリフラに力を温存して欲しいと伝えるキャベ。
モンナと戦っても体力は余裕だと言ってキャベのいう事を聞かないカリフラ。
キャベが必死の叫びます!
戦う戦士は他にいるというケールの説得もあり他の戦士の場所へ向かうケールとカリフラ。

カリフラとケールは第6宇宙が生き残るための切り札のようです。
キャベがスーパーサイヤ人に変身!
形勢逆転してモンナを連続攻撃で吹っ飛ばすのでした!

しかしモンナは余裕の表情。
モンナ「今のはちょっと痛かったわよ。痛かったわよーー!!」
体が巨大な鉄球のようになるモンナ。
そしてキャベに連続体当たりしまくるのでした!
これにはダメージをくらって苦戦するキャベ。

転がって向かってくるモンナを武舞台のはじのギリギリで避けて自爆を誘います。
しかしモンナは余裕で軌道修正!
そのままキャベはモンナに吹っ飛ばされて場外へ向かって吹っ飛ばされるのでした。

絶体絶命のキャベ。
舞い落ちていく中、モンナの体力を削ることすら出来なかった事を嘆きます。
時間稼ぎくらいは出来ただろうと安心していた時でした。

誰かがキャベの腕を掴み、場外へ落ちるのを免れるのでした。
その相手はベジータでした。

第112話のストーリー 後編

ベジータに腕を捕まれて脱落を免れたキャベ。
武舞台上に放り投げられるのでした。

助けた事に文句を言ってくるモンナ。
気弾であっさりとモンナを吹っ飛ばすベジータ。

余計な事をしていると呟くビルス。
ウイスがベジータとキャベが師弟関係だと呟きます。
今回は、宇宙を越えた師弟関係は複雑だと述べる亀仙人。

大喜びのシャンパ。
カリは必ず返すと豪語するシャンパでした。

ベジータに助けられた事を感謝して、お礼を言うキャベ。
いきなり膝蹴りを食らわすベジータ。

うずくまり咳き込むキャベ。
ベジータ「勘違いするな。助けたつもりなどない。」
弱いサイヤ人を見るのが耐えられなかったとの事。

約束を守らずに負けるつもりかと問うベジータ。
ベジータを惑星サダラに連れて行くという約束です。
第6宇宙VS第7宇宙の武道大会の時にベジータとキャベは惑星サダラの王に会うという約束をしています。

「力の大会」ではどちらかが消えてしまうため約束は永遠に守れないと悲しそうに呟くキャベ。
ベジータ「俺が優勝して超ドラゴンボールで貴様たちを生き返らせてやる。」
これで約束は果たせます。

喜ぶキャベ。
そして、万が一キャベが優勝したら第7宇宙のみんなを生き返らせると約束するのでした。
ベジータ「調子にのるな!勝つのは俺様だ!!」
そこは譲れないベジータでした。

2人の関係がどんな関係なのか気になる全王たち。
大神官から師匠と弟子という関係を聞いて納得する全王。

サイヤ人として悔いのない戦いをしろと言って去っていくベジータでした。
そんなベジータとキャベの様子を隠れてみていたのはフリーザでした。
サイヤ人の師弟愛が胸糞悪いと呟くのでした。

再び現れたモンナ。
キャベと戦います!
相変わらず体当たりに苦戦するキャベ。
キャベを倒したらベジータを倒すと豪語するモンナ。
その次は女サイヤ人2人を倒すとの事。
吹き飛ばされながらも、キャベの体には一瞬、電撃のようなオーラがほとばしっています!

ダウンしたキャベに乗り高速回転するモンナ。
キャベは大ダメージを負って苦しんでいます。
不意打ちして逃げていったベジータを卑怯者呼ばわりするモンナ。
モンナ「不意打ち野郎も女サイヤ人もぶっ倒してやるわ!」
キャベやサイヤ人たちを侮辱するモンナ。

キャベが怒りいっきにパワーが溢れます!
スーパーサイヤ人2に覚醒するのでした!

キャベが強大化しているモンナに体当たり!
顔色が変わるモンナ。

怒ったモンナが上空に飛び上がり、そのままキャベに突進!
キャベはエネルギー弾で応戦!
そしてモンナを場外へ吹っ飛ばしていくのでした!
モンナは失格です。

観覧席に戻ってきたモンナ。
キテラ「ケッ!あんなヒョロヒョロに負けやがって!」
第4宇宙は残り3人です。

その様子を遠くで見ていたベジータ。
ベジータ「それでいい。」
そして、ずっと座っているジレンが気に入らない様子。
最強がどんなものか自身の手で確かめたいようです。

そんな時にトッポがベジータの前に現れます。
トッポ「私と戦え。」
2番手に用はないと興味がないベジータ。
トッポ「お前も2番手ではないのか?」
この発言に挑発されてブルー化するベジータ!
トッポと激突です!

カリフラたちを探しながら歩いているキャベ。
そこにフリーザが登場!
キャベが強そうなのでお手合わせを願いたいとの事。

ノーマル状態で突進するキャベ。
片手ですべてを受け止めるフリーザ。

吹っ飛ばされ顔面を捕まえられるキャベ。
フリーザは強い人間が好きとの事、ただサイヤ人は大嫌いだとキャベに述べます。

キャベを倒したあとはカリフラとケールも倒すと呟くフリーザ。
怒ったキャベはスーパーサイヤ人2に変身して逃れます!
そしてギャリック砲を打ち込むのでした!
大きな爆煙の中、フリーザの状態がわかりません。

土煙の中からいきなりデスビームが打ち込まれてきてくらうキャベ。
無数のデスビームをくらってダウン。
ノーマル状態に戻って瀕死の状態です。

フリーザ「フフフフ 降参してもいいんですよ。」
断るキャベ。
エネルギー弾で場外へ吹き飛ばされていくキャベでした。

ゴミ相手に余計な体力を使うのはもったいないと呟きノーマルに戻るフリーザ。
フリーザ「超ドラゴンボールを手に入れ神々を手玉にとるのは私です。」
心の中で呟くのでした。

トッポにエネルギー弾を放ちブルー状態で息を切らしているベジータ。
たまたま近くで第3宇宙の戦士たちと戦っていた悟空。
ベジータの背後に悟空がやってきます。
悟空は体力を回復させながら他の戦士と戦っている様子。

キャベがやられた事をベジータに伝えます。
ベジータ「俺が優勝すればいいだけの話だ。」

トッポ「それで終わりか。」
ベジータの攻撃は効いてない様子。
再び立ち向かうベジータ。

第3宇宙の戦士たちが悟空に襲いかかろうとしています!
体力がなく少しピンチの悟空。
そこにカリフラが登場!
第3宇宙の戦士たちを吹き飛ばし悟空を助けるのでした。

礼を言う悟空。
キャベのおかげで体力が戻ったといい、スーパーサイヤ人2に変身するカリフラ。
カリフラ「孫悟空。私と戦え!」
悟空「えっ!?」

カリフラが戦いを挑んだのはキャベを倒したフリーザではなく悟空。
カリフラの胸中いかに!?
試合終了まで残り23分。

個人的な感想と考察

予想していた通りに、モンナはキャベが倒し、キャベはフリーザに負けるという結果でした。
キャベがスーパーサイヤ人2に覚醒する事は想像していませんでした。
初めてスーパーサイヤ人になったときもそうですが、キャベは侮辱や脅しの言葉で怒って覚醒しますね。

以前にキャベと対戦したベジータはサイヤ人の誇りは「強さ」だと教えていました。
今回、言及されたように弱いサイヤ人は嫌いですね。

そして惑星サダラについての回想シーンが出てくるとは思いませんでした。
以前に、「力の大会」の戦士の中に惑星サダラの人間がいるかもと予想していました。
ケールが惑星サダラの王妃なんて予想もありましたね。
まったく違ってました。
「惑星サダラ」に関しては「宇宙サバイバル編」の次の新シリーズがあれば、そこで明らかになるかもしれませんね。

以前はキャベに「師匠になった覚えは無い」と言っていたベジータもまんざらではないようです。
弟子思いのベジータでした。
ベジータが子供の頃からずっと尽くしてきてベジータに殺されたナッパは今、何を思っているのでしょう?

モンナの台詞「今のはちょっと痛かったわよ。痛かったわよーー!!」に関してはナメック星でのフリーザの台詞のオマージュですね。
悟空に界王拳20倍をくらった後に吐いた台詞です。

意外と強いピリナとサオネル。
今回で落ちると思ってましたが、まだまだ健在!
そして息を切らしているベジータの攻撃もトッポには通じてないようでした。
トッポの方がベジータよりも強い感じですね。

【前回の話】
ドラゴンボール超【第111話】ネタバレと感想!殺し屋ヒットVSジレンに決着!

【次回の話】
ドラゴンボール超【第113話】あらすじと感想!悟空VSケール&カリフラ! 超サイヤ人3に変身!

第111話から第114までの先行ネタバレ
ドラゴンボール超のネタバレ速報ニュース【第111話,112話,113話,114話】のあらすじの考察と予想

キャベ覚醒!ベジータVSキャベ 惑星サダラについての約束!
ドラゴンボール超【第37話】感想とネタバレ!キャベ覚醒!EDテーマ曲が変更!

スポンサーリンク

お読みいただき有難うございました。
下記にも色々なカテゴリがあります。
是非ご覧ください。

コメントは匿名で書き込めます!
色々な意見をどんどんお待ちしています。
お気軽に議論していって下さいね!



  • English (United States)
  • 日本語


【このブログのドラゴンボールランクを見る!】
にほんブログ村 アニメブログ ドラゴンボールへ

コメント

  1. 匿名 より:

    ラバンラはハッチヒャックに似てるってみんな言ってるから第2宇宙のツフル人はラバンラだと思う。ドクターロタは第6宇宙の復活した地球の動物型地球人だと思う。

    • 匿名 より:

      正解

      • 匿名 より:

        ラバンラはゴーストライチーやベビーにも似てる。ラバンラはツフル人が作り出したベビーみたいな奴だと思う。やっぱりドクターロタは動物型地球人だったのか。

  2. 匿名 より:

    フリーザのせいでキャベが脱落した。次に消滅するのが第6宇宙とか嫌だな。カリフラとケールは最後まで残ってほしい。

  3. ヘボボット より:

    残り時間あと23分 いつもよりは時間が進んだヘボボッ ト(*´ω`*)

  4. 匿名 より:

    見たけど、「ベジータの覚悟」って何だったんだろう?

  5. 匿名 より:

    リブリアン達以外の第2宇宙メンバーと第3宇宙メンバーが空気気味なのが地味に気になる

  6. スーパーサイヤ人グレー より:

    ジレンは何故、寝る?

  7. 匿名 より:

    第2宇宙や第3宇宙の雑魚戦士早く脱落しないかな。いつになったら脱落するんだ。

  8. 匿名 より:

    作画綺麗だったな~
    この調子でお願いします。

  9. 匿名 より:

    第2宇宙と第3宇宙は雑魚ばっかりの割には結構残ってるなあ。第2宇宙と第3宇宙の雑魚戦士早く脱落してほしい。いつになったら脱落するんだ。

  10. 匿名 より:

    早くあのガリガリサイヤ人ども蹴散らして第6宇宙消えて欲しい

  11. 匿名 より:

    ピッコロは、ピリナとサオネルを吸収して、ジレンと同じぐらいに強くならんだろうか

  12. 翠玉 より:

    第三宇宙の三体(パンチア、コイツカイ、ボラレータ)は身体の形状から
    合体するっぽいから最後の切り札かも。

    第二宇宙の三人(ラバンラ、ザーロイン、ザーブト)はまったく出番がないので
    どういう奴等なのかまるでわからん。

    でも、こいつらはここまで残ってるんだからザコではないでしょうよ。

    • 匿名 より:

      第3宇宙の博士はラディッツより弱いだろ。

      • 翠玉 より:

        博士は司令塔の役割だったか。
        確かにあまり強くないかも知れんが流石にラディッツ以下とは思えない。
        ラディッツ以下だと戦闘の爆発に巻き込まれて序盤で終わってるでしょ。
        俺はラディッツ以下の選手はいないんじゃないかと思う。
        ゲロとかみたいに改造してるとか、バビディとかみたいに能力が高いとかあるかも。
        何にしてもあまり出番がないから何とも言えんが。

    • 匿名 より:

      ここまで残ってるからって雑魚じゃないとは限らないだろ。

      • 翠玉 より:

        そりゃそうかも知れんが
        そもそもみんなの思ってる雑魚の定義って何なんだ?

        俺はムリサームとかニグリッシみたいに不意打ち仕掛けておいてノーマルキャベに瞬殺されるレベルをイメージしてるが。
        多少見せ場があってそこそこ戦えるレベルなら雑魚じゃないと思ってるけどな。

        それともモブっぽいから雑魚って言ってるだけ?見た目が雑魚っぽいから?
        特に注目されてないキャラなので雑魚?

  13. 匿名 より:

    ラバンラは第2宇宙のベビーみたいな奴だから強いと思う。第6宇宙の2人のナメック星人も確かに結構強かった。一切活躍せずに脱落してる戦士は雑魚だろ。

  14. 匿名 より:

    博士も17号18号が移動中に攻撃しかけて適当にあしらわれてたけどな
    ぶっちゃけもう雑魚に時間かけなくていいからべジータVSトッポとかに時間費やして欲しいわ

  15. ナメプ星人 より:

    違反の次は雑魚か…┓(´・_・`)┏

  16. 匿名 より:

    第4宇宙か第6宇宙が残りそう

    ジレンは弱い奴(?)に足元掬われて脱落しそう

  17. スーパーサイヤ人グレー より:

    ゴクウブラックにしてもジレンにしても正体が不明ってとこに脚本は重点を置いている感じで正体がバレまでやられないと・・・

  18. 匿名 より:

    ベジータ VS トッポ 気になります。
    ただ、ベジータをこれ以上咬ませ犬キャラで使うのだけは勘弁してほしい。

    • 匿名 より:

      ヒットのいない今、トッポを倒すのはベジータしかいない。
      フリーザは静観。
      悟空はケール&カリフラ(略してケフラ?)と遊ぶので忙しい、というか体力回復中。

  19. 翠玉 より:

    97話見直してみたら一瞬だけどパパロニはラバンラと殴り合いしてますね。
    意外と戦闘力はあるのかも知れない。

    あとトッポはベジータが倒して欲しいな。フリーザでもいいけど。
    ディスポは誰が倒すんだろう。

  20. 匿名 より:

    ベジータの身勝手の極意のきっかけになるのはフリーザかな

  21. 匿名 より:

    トッポくらい落ちてくれないと、113話はつまらなさそう。

  22. 匿名 より:

    なんか強さ無茶苦茶だな。原作知らない連中が作ってるの丸出し。

    • 匿名 より:

      ピッコロなんか、強さではスーパーサイヤ人を遥かに超え、アルティメットご飯とある程度やり合えるレベルなのに第6宇宙のナメック星人に苦戦するなんてあり得んし…
      そもそもスーパーサイヤ人1のベジータに1撃でやられたフロストに負けたこともおかしい。

      • 匿名 より:

        あの時は毒針でやられたのではなかったかな。
        ピッコロは17号と同等レベルのはずで、もっと活躍してほしいね。
        また、御飯も弱過ぎ、カリフラが一蹴したロボットから逃げてたし。

        • 翠玉 より:

          >カリフラが一蹴したロボットから逃げてたし。

          悟飯は実はずっと連戦してたから体力を回復したかったんじゃないの?
          結局ジーミズに見つかって戦う羽目になったけど。
          カリフラはずっと休んでたから回復してたでしょ。

      • 翠玉 より:

        >アルティメットご飯とある程度やり合えるレベルなのに

        いや、全然アルティメット悟飯の方が強かったでしょ。
        最後切れた腕を遠隔操作して悟飯に不意打ち喰らわせたけど
        強さ自体は圧倒的に悟飯の方が上だったよ。
        全ての分身を見切って一撃でピッコロの腕を吹っ飛ばしてたから。
        今のピッコロの強さは悟飯の超2より少し上くらいだよ。

        >第6宇宙のナメック星人に苦戦するなんてあり得んし…

        第6宇宙のナメック星人の平均的な強さが第7宇宙よりも高いんじゃないの。
        サイヤ人の性格も戦闘力も宇宙によって全く違うみたいだし。
        それにピッコロは二回も腕を再生させてかなり体力を消耗している描写がある。
        悟飯の方も休憩している様子がないので苦戦しても仕方無い。

        >そもそもスーパーサイヤ人1のベジータに1撃でやられたフロストに負けたこともおかしい。

        他の人が言ってるように敗因は毒針による反則でフロスト自身も魔貫光殺砲が当たったら負けていたのを認めてる。
        あとずっと修行続けていたベジータの超1と悟飯の超1の強さは違うでしょ。
        更にベジータは超1でもフロスト戦では怒りモードだった。
        それにフロスト戦以降ピッコロは精神と時の部屋とかで修行していたんだとしたら
        強くなっていても特におかしくない。
        というか修行していた事を実際に話しているし、悟飯も現在のピッコロの強さに驚いていた。

        原作でのピッコロの最終的な強さはセル、ダーブラより弱いくらいだから
        頑張って修行して悟飯の超2より少し強いくらいなら妥当な強さ。

        って言うかさ、原作でも戦闘力10万もなかった筈のベジータが
        唐突に53万のフリーザと組み合ったりするシーン(ややベジータ劣勢)があるのにな。18万以上計れるスカウターが壊れるくらいだからそれに近い実力。
        ゲンサクガーの人達こそ原作知らない様な気がする。

        • ポタラ より:

          ピッコロはもっと強いと思う。
          今の悟飯は同形態なら悟空と同程度の実力はあると考えられる。
          超1悟飯は、クリリンが過去の幻影と戦う回で超1悟空といい勝負。(真剣勝負で無いにしても超1悟空にダメージを与えている上、悟飯が逆にくらった様子もない)。

          ラベンダと泥沼試合だったがまあ、あれは毒のせいということで。食らわなければすぐ倒せただろう。

          で、超1悟空と互角の超1悟飯と重りを付けたままピッコロは戦ってた。同形態で互角なら超2悟飯は超2悟空と互角ということになる。
          (アルティメット悟飯で超2悟空と互角ということはない。ホントにそうなら界王拳使用前とはいえブルーと殴りあえるはずがない。悟空の出方を探る戦い方をしてたという解釈でどうだろうか)

          その超2悟飯をピッコロは互角とかじゃなくてあっさり仕留めた。
          (ピッコロほぼダメージくらわず超2悟飯を気絶させるくらいは強い)
          つまり、ピッコロは超3くらいはあるんじゃない?
          アルティメット覚醒後も続きだ、とか言ってアルティメット悟飯と組手修行出来るくらいは強いわけだし。
          それでもアルティメット悟飯の方が強いだろうが。

          イマイチ活躍出来てないのはハーミラに腕を飛ばされたせいだろうな。
          魔貫光殺砲系統の技なら力の差があっても大ダメージは与えられるわけだし。

          ここまで書いといてアレだけど戦闘力はあんま気にせん方がいいと思うで。状況次第でいくらでも変わるし、インフレなんてお約束じゃん。

          ナメック星での超悟空と100%フリーザの戦闘力知ってる?
          公式は悟空が1億5千万、フリーザが1億2千万って言ってる。あんだけ互角に戦ってんのに3千万も差があるんだぜ?

          変身ザーボンと当時のベジータの差が4千くらいの差でベジータフルボッコだったのにwwドラゴンボール超のパワーバランスがおかしいなら原作も充分おかしいわww

          • 翠玉 より:

            ポタラさんお久しぶりです。

            >ピッコロは超3くらいはあるんじゃない?

            一応打ち合いした後に一撃は食らわせてるからそれは行き過ぎな気がする。
            超3は400倍らしいので、ピッコロは超2.5くらいかなと。ちと細かいか。

            >ドラゴンボール超のパワーバランスがおかしいなら原作も充分おかしいわww

            マジでそれですよね。
            思い出補正なのか原作ガーの人達は原作をあまりにも美化しすぎて盲目になってるな。
            大体戦闘力が千レベルからあっと言う間に億単位まで行くドラゴンボールに
            今更パワーバランスもクソもないっての(笑)
            まあドラゴンボールにかかわらずインフレはバトル漫画の醍醐味なんだけどね。

            • ポタラ より:

              お久しぶりです、翠玉さん。
              俺のコテハン覚えていただいてたんですね、ありがとうございます(笑)
              原作至上主義の方々全員がとは言いませんが、ちょっと気に食わなければすぐバッシングするのはなんででしょうね?
              超に矛盾があるのは認めますけど、
              (未来全王連れてきた時点で時越えのタブー犯したのバレてるはずなのに誰も悟空を咎めない所とか。まぁ、伏線として残してる可能性はありますが。俺は、悟空を咎める=全王の機嫌を損ねることになりかねないので誰も文句を言えないと解釈してます。)
              解釈次第でどうにでもなりますよね。
              矛盾をファン同士で考察して答えを導き出すのも楽しみ方の一つなのに、矛盾があるからつまらないとか言うのは違うと思います。

              ピッコロは…すみませんちょっとひいきしてました。超3くらいなら分離前のデブブウを倒せる力をピッコロが持ってることになりますからね。ちょっとイメージしづらいです。
              それでも超2を越える力はあるから、個人的にピッコロはカリフラとタイマンして勝てるとは思ってます。今は再生で体力失ってるから厳しいけど。
              そういえば、石化した時にトランクスに粉々にされてもあっさり再生して全然疲れて無かったですけど、アレはダメージ大だと疲れるんですかね?
              全身粉々にされるよりもデカイダメージが集中した一撃を腕にくらって、体力を失ったかと。
              そう考えたら、ハーミラ怖ぇww
              天さん、マジナイスやわ。

  23. 匿名 より:

    漫画版ではブルー完成キャベに期待