ドラゴンボール超【漫画版】第45話 あらすじと感想!それぞれの作戦!モロVSブルーベジータ


ドラゴンボール超の漫画版です。
あらすじと感想や考察を書いてみました!
第45話「モロの魔力」

【今回の内容はVジャンプ2019年4月号に掲載されています!

Vジャンプ 2019年 04 月号 [雑誌]

スポンサーリンク

モロのエネルギー放出技

赤い髪のゴッドとなってモロを追い詰めたベジータ。
ついに魔力を開放して技を出そうとしているモロ。
エネルギーを吸い取るという技であれば悟空たちはメルスに聞いて既に知っています。

ある程度は自分の事を知られていると思うモロ。
エネルギーを吸い取る技には別の使い道もあるとのこと。

脱獄する時に出した技かもしれないと感じて慎重になるフリーザ軍の脱走兵。

一方、銀河パトロールの宇宙船ではジャコとメルスがエネルギー吸収の技について話しています。
メルスによればモロは吸収したエネルギーを攻撃にも利用できるとの事。

構えて力をこめるモロ。
地面はひび割れて複数の火柱が吹き上がります。
ベジータにも直撃!

星の生命エネルギーを放出する技です。
モロの力とは関係なく、星が持っているエネルギーによって強さが変わるとの事。
ナメック星は良質なエネルギーが集まっていると笑みを浮かべるモロでした。

次々と地面から噴出してくるエネルギーを避けるのが精一杯のベジータ。
空に逃げても津波のように襲ってくる火柱というか溶岩のようなエネルギー!

ベジータが敗北宣言!?

モロに突撃しようとしても周囲に火柱を放出させてくるため近づけないベジータ。
そんなベジータに交代するか確認してくる悟空。
ベジータは冷静に断ってきます。

モロに話しかけるベジータ。
その技はいずれ限界が来るため逃げ回っていれば勝てると問いかけます。
星が死滅するまでエネルギーを放出する技のため限界はないと返答するモロ。

近づけないし、これ以上はパワーアップも出来ないため負けを宣言するベジータ。
せめてモロに目的は何かを教えて欲しいと問いかけるのでした。

ナメック星に詳しそうなベジータたちに協力してもらおうと考えるモロ。
そしてモロの目的はドラゴンボールです。
ベジータの予想通りです。

7個集める必要がある事を知っているモロ。
ドラゴンボールがある場所を聞いてくるモロでしたが、ベジータたちには場所までは分かりません。
やはりベジータたちは不要だと判断したモロは再び攻撃開始!

溶岩を津波のようにベジータにぶつけてきます。
エネルギー弾で押さえ込むベジータ!
溶岩は岩のように固まり攻撃を抑えた事に一息つくベジータ。

そのスキを付いて再び襲ってくるモロ。
モロの攻撃を押さえ込みながら話しかけるベジータ。
それだけ強いならもう十分だろうという質問に全盛期の力を取り戻すと返答するモロ。
当時の力があればベジータたちは星ごと食料になってお終いとの事。

モロが噂通りのクソ野郎だったため喜ぶベジータ。
殺しがいがあるとの事。
ブルーに変身してモロの技をあっさり押し返したのでした。

力を隠していた事に驚いているモロ。
本当の狙いは隠しておくものだと余裕の表情で言い放つベジータ。

ベジータはモロを油断させて話をさせるためにわざと不利な立場を振舞っていたのでした。

ベジータの本領発揮

モロのエネルギー放出技を軽々と避けるベジータ。
どんなに多くの溶岩エネルギーを打ち込んでもベジータには当たりません。
ベジータの強烈なとび蹴りがモロの腹に命中して吹っ飛んでいき海の中に落ちていきました。

一息ついてノーマル状態の戻るベジータ。
違和感を感じる悟空。
周囲の木の葉がボロボロになって落ちている事に気付きます。

あまりダメージもなく海中から浮かんできたモロ。
ベジータのあまりの強さにモロが負けると思い飛行船で逃げるフリーザ軍兵士。

そのスキにモロが大きな球体を作り上げようとしています。
地面からエネルギーを吸い上げています。
遠く離れているナメック星人の人々が体に不調を訴えて倒れていきます。

モロの能力と作戦

モロが作り出した強大なエネルギーボール!
凝縮されて小さくなります。
それを食べるモロ。
エネルギーを食べてパワーアップした様子。

逃げたフリーザ軍の飛行船を魔力で墜落させるモロ。
自分は負けないためそこで見ていろと伝えるモロでした。

モロがパワーアップしている事に気付いた悟空。
メルスが早い段階で捕まえたがっていた理由を理解したベジータ。

ベジータによればモロがパワーアップしてもブルーの足元にも及ばないようです。
気合を入れてブルーに変身しようとするベジータ。
しかし変身できず。

悟空にブルーにならなければモロに勝てないぞと心配されます。
気を取り直して再度気合を入れるベジータ。

一方、ジャコとメルスの場面です。
メルスによればモロは星に生息している生物と植物からもエネルギーを吸い取っているようです。
悟空やベジータは攻撃を受けていなくても徐々にエネルギーを奪われていたのでした。
モロは戦いながら相手のエネルギーを奪うとの事。
悟空たちがモロに闘いを挑むには無知すぎたと述べるメルスでした。

気合を入れてもスーパーサイヤ人にもなれなくなってしまったベジータ。
自分達の気も吸収されていたと気づいた悟空。

モロに突撃されて頭をつかまれ吹っ飛ばされるベジータ。
岩盤にめり込んでいきました。

悟空やベジータのエネルギーも頂いている事を暴露するモロ。
そして本当の狙いは隠しておくものだと、先ほどベジータがモロに言い放ったセリフをそのまま返されてしまうのでした。

個人的な感想と考察

モロは今までにいないタイプの敵ですね。
星のエネルギーを使って攻撃をしたり、相手に気付かれないようにエネルギーを吸収しています。
戦いながら元気玉のように気を集めて取り込んでいる感じですね。
元気玉は少しずつ元気を分けてもらいますがモロの吸収方式は多くの量を気付かれず無理やり頂いている感じですね。

モロが地面から放出させているのは火柱なのか溶岩なのかよく分かりません。
溶岩のように固まっている描写もありますね。
星のエネルギーである事は間違い無いですね。
描写だけならナッパの「クン」の方が強そうですね。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

モロの強さはゴッドでは叶わないけれどもブルー状態であれば余裕という感じですね。
ドラゴンボールで全盛期の頃の強さになればブルーでも敵わないでしょうね。
モロに会心の一撃をくらわせるベジータ!
大活躍のシーンです。
モロVSベジータ
引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

ベジータが負けを宣言してモロを油断させ話をさせるという作戦がありました。
昔にピッコロがセル第1形態にした時と同じ作戦ですね。
あの時はベジータは現場にいませんでした。
ピッコロと同じくらい頭が回るようですね。

フリーザ軍脱走兵の名前が分かりました。
クランベリですね。
ドラゴンボールZの頃にも同じ外見のフリーザ軍が登場しています。
その時の名前はラーズベリでしたね。

ベジータがブルーに変身しようとしてなれないシーンは笑えました。
毎回ベジータがかませ犬になってしまいますよね。
ベジータ同様に悟空もスーパーサイヤ人にはなれなくなっているはず。
瞬間移動で一旦は退避するかもしれませんね。
やはりブウの中の大界王神の力が必要になるのでしょう。
モロの魔力
引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

【前回の話】
ドラゴンボール超【漫画版】第44話 あらすじと感想!モロVSベジータ!新ナメック星が舞台

【次回の話】
ドラゴンボール超【漫画版】第46話 あらすじと感想!悟空とベジータが負ける!モロに挑む同化ナメック星人

銀河パトロールについて
孫悟空の母ギネと父バーダックが登場したドラゴンボールマイナスと銀河パトロールについて

魔人ブウと界王神、大界王神たちの関係について
魔人ブウの形態【純粋,善,悪,無邪気】1番の強さは?界王神との関係について

銀河王とジャコについて
【新シリーズ】銀河パトロール囚人編 メルス隊員と大界王神【最強ジャンプ付録紹介】

【ドラゴンボール超の映画ブロリーのストーリーについて】
ドラゴンボール超 映画ブロリーの製作秘話や感想のまとめ

ドラゴンボール超の映画ブロリーのあらすじと感想と結末

映画ブロリーの感想や疑問 ゴジータの強さや良い悪い評価のまとめ

監獄惑星編の概要はこちら
監獄惑星編 ドラゴンボールヒーローズがアニメ化!悪のサイヤ人の正体は?

ドラゴンボールヒーローズに登場する新キャラ ダーブラの妹が登場
ドラゴンボールのゼノバースはオリジナルキャラも登場する高評価なゲーム!

ドラゴンボールヒーローズに原作者の鳥山先生がコメント
ドラゴンボールヒーローズのゲームに鳥山明がコメント!動画や裏話を掲載!

スポンサーリンク

【ドラゴンボール超シリーズ】

まだ見た事ない人はこちら!
ドラゴンボール超の全話一覧

DBSsumaho

お読みいただき有難うございました。
下記にも色々なカテゴリがあります。
是非ご覧ください。

コメントは匿名で書き込めます!
色々な意見をどんどんお待ちしています。
お気軽に議論していって下さいね!



コメント

  1. 匿名 より:

    オーラ出てるけどベジータはブルー2なんか?
    なら身勝手使えない悟空より強いと思うけど

    • 匿名 より:

      ブルー2。
      1の時とオーラが違う。
      悟空がブルー2の変身身につけてなければベジータのが強い。

  2. 匿名 より:

    ブルー進化は漫画だと炎のようなオーラになってるが、ブルーだと超サイヤ人2のような電撃が出るのが特徴。
    やはり目まで身勝手みたいになってないと分かりづらいな

  3. 匿名 より:

    まだブロリーの余韻が残っていて今のところ新章は流し読みしちゃってるな…
    メルスの正体(?)は気になるけど

  4. 匿名 より:

    戦闘シーン中々迫力あったな~。

  5. 匿名 より:

    モロの魔力がドラゴンボールで戻った後は破壊神や全王のエネルギーまで吸収しそう。

  6. 匿名 より:

    どんなに強くなっても戦闘描写は弱そうに感じるわ。
    ラディッツと戦っていた悟空とピッコロの方が強そうやんけ。

    • 匿名 より:

      鳥山明レベルの戦闘描写を期待しているなら鳥山明を舐めすぎだとは思う。
      あんなの鳥山以外に描けるわけないし、ハナからそこまで期待しとらん。贅沢過ぎ。

      しかし鳥山明以外の人がドラゴンボールの漫画描くとしたら、とようたろうはかなり巧い部類に入ると思う。
      新シリーズ故に、他の同人作家のように模写も多様できない中では頑張ってる。

  7. 匿名 より:

    最後のオウム返しは無いほうが良かったな。モロが一気に小物になったわ…。

    • 匿名 より:

      う~ん、このセリフから「小物だな」って感覚は出てこないな。それならセル第一形態がピッコロとの接触を恐れて、コソコソと人間を襲い続けてた時のがまだ「小物だな」って感覚になるかな。

      • 匿名 より:

        >>う~ん、このセリフから「小物だな」って感覚は出てこないな。それならセル第一形態がピッコロとの接触を恐れて、コソコソと人間を襲い続けてた時のがまだ「小物だな」って感覚になるかな。

        感覚ズレすぎ。それにセルのあれは小物どうこうじゃなくて完全体を目指すための作戦だろ。小物の意味わかってるか?

        • 匿名 より:

          いや、それ言ったら今回のモロも
          小物どうこうと言うより、全盛期の頃の肉体を目指す為に本当の狙いを伏せていた作戦だろが。

        • 匿名 より:

          いや、それ言ったら今回のモロも、小物どうこうじゃなく全盛期の肉体を目指す為、本当の狙いを伏せていた作戦だろ。

          • 匿名 より:

            いや…何言ってんの…?いちいちズレすぎなんだよきみ。どう考えたってあの流れであのセリフを言うのが作戦なわけないんだが。きみに話が通じる気が全くしないわ、よほど低年齢なのか知らんけどわからないなら無理に返信しなくていいから

            • 匿名 より:

              無理はしとらんよ(笑)
              ただ文字打つだけだし。
              いや、あのセリフを言うこと自体が作戦だとは言っとらんけど

              あのセリフを言ったところで、内容からして作戦には何の支障もない、当たり障りないセリフでしょ。ただオウム返ししただけじゃん。

              セリフの内容も小物さを感じさせるものでもない。

              • 匿名 より:


                きみとんでもなく頭弱いでしょ

                • 匿名 より:

                  ってか単に適当に批判コメント入れたが為に

                  何でそのセリフが小物さを感じさせるものなのか自分でも説明できないんだろ?(笑)さっきからドラゴンボールの内容と言うより俺を貶すコメントばかり(笑)漫画の内容を話すとボロが出るから、俺個人への批判コメすることで、なるべく本題から遠ざかるよう誤魔化してるよね?(笑)

    • 匿名 より:

      本当の狙いを隠しておく=小物
      意味わからん。

      • 匿名 より:

        こんな簡単な文章の意味も汲み取れずにそんな的外れな解釈してたらそりゃわからないだろうな。そのイコール関係を思い浮かべてるのは草しか生えない。もう話しても全く意味ないからここらでやめよう。

        管理人さん、荒らしてごめんね。

    • 匿名 より:

      最初から敵に自分の作戦をバラす奴がどこにいるよww悟空ですらフリーザ戦で騙し討ちで倒そうとしてたのにww