ドラゴンボール超の漫画版73話!悟空とグラノラはどっちが強い?意外な戦略

Vジャンプ8月号が発売されました。
6月21日に発売です。
ドラゴンボール超の漫画版の第73話が掲載されています。
今回は意外な展開にビックリしましたね。
バトルシーンも迫力がありますよ。

第73話「悟空VSグラノラ」

【今回の話はVジャンプ2021年8月号に収録されています。】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルー悟空とグラノラは互角か!?

ブルー状態の悟空とグラノラの戦い。
射撃に特化したグラノラの右眼でも悟空に攻撃が当たらない。

肉弾戦は強さはほぼ互角。

目を閉じた悟空は身勝手の極意をブルー状態で発動。
グラノラを翻弄。
かめはめ波とグラノラの急所付きの相打ち。
両者ダウン。

グラノラはの右眼はどんな急所も逃さない。
悟空はスーパーサイヤ人状態の身勝手の極意が完ぺきではない。

 

スポンサーリンク

グラノラの正体を知った悟空たちの行動

ベジータはグラノラの正体を悟空に伝えます。
フリーザに使われていた頃のサイヤ人が滅ぼした民族の生き残り。

悟空はグラノラへの説得を考えます。
今のサイヤ人は悪者じゃないと。

ベジータが言うには、そんな事はグラノラには関係なく、どうあってもサイヤ人を絶滅させる気と推測。
まずは勝ってから説得するしかないと悟空は考えます。

 

スポンサーリンク

切り札の身勝手の極意

グラノラの前に銀髪姿で登場する悟空。
この形態は時間制限がある。
この状態だとグラノラは急所が見えないようで驚愕。

グラノラは悟空に歯が立たない。
悟空の説得にも聞く耳を持たないです。

ダウンしたグラノラに勝機は無し。

 

スポンサーリンク

グラノラの作戦

悟空はグラノラにまた修行して強くなったら戦ってほしいと話す。
しかし、グラノラはサイヤ人を舐めていたけど、負けてないと強気。

今のグラノラは本体から力を分けてもらった幻で分身との事。
本体は宇宙船の中にいる。

力を戻した本来のグラノラ。
一瞬で悟空の心臓の急所を突き、ノーマル状態に戻ってしまった悟空は、そのまま強烈なゼロ距離パンチを繰り出されて吹っ飛び白目をむいて気絶。

時間経過していて悟空の身勝手の極意の精度も落ちていたようです。

グラノラの前に立ちはだかるベジータ。
死ぬ順番が変わるだけだと呟くグラノラに対して、「一族の死に損ない」と反論して挑発。

グラノラがサイヤ人を絶滅させるつもりなら、ベジータはグラノラを全力で始末するとの事。

 

スポンサーリンク

個人的な感想と考察

本格的に悟空とグラノラの闘いが始まりました。
ブルーの悟空は身勝手の極意をまだ発動していないと前回予想していましたが、当たりましたね。

攻撃をガードしてますがお互いが必死。
更にはお互いが攻撃を食らうシーンもあります。
強さは互角と言っていいでしょう。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

今回、ブルー状態で身勝手の悟空を発動。
やはり目を閉じてからでないと発動できなようですね。
グラノラを翻弄するまでの強さになりました。
発動前でほぼ互角でしたのでグラノラを超えたと思われます。

 

ただ、決め技のかめはめ波を放つと同時に急所を突かれる悟空。
結局は痛み分け。
グラノラを超えたとは言っても、まだ超サイヤ人状態での身勝手の極意は完ぺきではないのでスキがあったのです。
グラノラの急所付きは一撃必殺ですから、悟空もダウン。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

悟空はスーパーサイヤ人状態の身勝手の極意を完全に会得出来てないので、今後も伸びしろはありますね。

グラノラは地中からエネルギーを放出するモロの技を使ってます。
以前は破壊の技を使ったり瞬間移動も使ってるので便利な技はほぼ使えるようですね。

衝撃的な事は戦っていたグラノラは幻だったという事です。
これは想定外ですし、びっくりしましたね。

力を分け与えられたグラノラは結構なダメージを食らっているので本体に戻っても体力満タンにはならない気がしますけどね。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

グラノラは分身に力を分けたとありますが、どれくらい分けたのか?
2人になっているので半分かな?
半分であれば、今まで戦っていたグラノラの戦闘力は本来の2分の1ですね。
銀髪の悟空で圧倒していました。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

精度が落ちずにスキを突かれなければ本来のグラノラと互角くらいだったのでしょうか?
気になりますね。

そしてマキが嘘を付いていた事をグラノラが知ってもサイヤ人がシリアル人を滅ぼした事に変わりはないです。
説得は今後も難しそうです。
倒すか倒されるかですね。

自信満々のベジータが登場。
銀髪の悟空が完璧に負けた姿を見ても自信満々。

ベジータって破壊の技しか会得してないはずなのに、その自身の根拠はどこにあるのでしょう?
精神面で悟空と違う部分は、殺すつもりでグラノラと闘おうとしている所ですね。
その心意気だけでは勝てるはずもないですけどね。

分けていた力を戻して本来の強さになったグラノラ。
そんなグラノラにベジータはどう戦うのかとても楽しみ。
ベジータの強さは銀髪の悟空以上なのでしょうか?


引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

【前回の話】
ドラゴンボール超の漫画版の第72話 グラノラの必殺技が炸裂!悟空とベジータと対面

【次回の話】
ドラゴンボール超の漫画版74話!サイヤ人の本能がベジータを新形態へ!破壊神の誕生か?

2022年にドラゴンボール超の新作映画が公開される
ドラゴンボール超の新作映画が2022年に公開!内容や意外なキャラとは誰なのか?

最新の単行本15巻のレビュー記事
ドラゴンボール超の単行本の最新15巻の内容と考察!モロ編終了で新章が開幕

サイヤ人の過去の話 ツフル人の文明
サイヤ人の過去について語ったアニメをレビュー考察!

サイヤ人の設定について鳥山明が明かす
伝説のスーパーサイヤ人はヤモシ!鳥山明がサイヤ人の全てを最強ジャンプで語った!

コメント

  1. 匿名 より:

    グラノラ最強

  2. 匿名 より:

    どうせ次回は一時ベジータ優勢からの逆転負け展開だろうなぁと思いながらも、
    今度こそベジータがスカッと勝つところを見たいという願望もある

    • 匿名 より:

      そうなると思います。モロ編もそうだった。
      展開がいつも通りのワンパターンのにならないことを願う。

      • 匿名 より:

        モロ編より前からベジータが悟空を一瞬越えるのが結構あるね
        フリーザ戦も悟空が特戦隊後に治療から回復するまでは、悟空を超えてる
        セル編の超ベジータ時点では悟空以上
        神神は俺のブルマ時に悟空を超えていたとのセリフあり
        宇宙サバイバルは自分の意思で兆に変身できない悟空に対して、自分の意思でキラベジに変身可能(キラベジより兆が上なので非該当?)

  3. 匿名 より:

    グラノラには勝ってヒータ連中に負けるとかじゃないのかなベジータ

  4. 匿名 より:

    グラノラに前座という雰囲気がありすぎて盛り上がりに欠ける
    (グラノラがこの章の最後の相手だとしても、ヒーター軍の動きが描かれてるので、このまま終わる訳もなく、この戦いはどちらにしても前座にすぎない)

    • 匿名 より:

      ギニュー戦とかにもそう言う文句言ってたの?

      • 匿名 より:

        ギニュー戦は、悟空の御披露目の回だし、直ぐに終わったし文句はなかったね
        特戦隊戦は、共闘している最強格だったベジータが圧倒された敵を悟空が一蹴するという強さを描いたシーンだった
        その圧倒的に強い悟空のが身体を奪われて逆転されるとか思ってもなかったし、その後の機転での勝利とかの意外性もあった
        フリーザ戦もサイヤ人襲来編で仲間が死にまくってたので、緊張感があった(まだ同じ人間は1回しか生き返れない設定だったはず)

      • 匿名 より:

        悟空とベジータが他の仲間キャラとの差がつきすぎ
        悟空がベジータを圧倒的したら、それこそ悟空のピンチにどうすることもできないので、悟空とベジータのライバル状態を維持される

        悟空ピンチ→ベジータが活躍→悟空もベジータもピンチ→悟空が覚醒
        みたいな感じでワンパターン化
        武道会時代は悟空が優勝しないこともあり、ラッディッツ相手では死んだり、ベジータ戦では戦闘不能で仲間に決着を委ね、フリーザ戦では勝利するも生死不明(星を爆発させたのがフリーザだったので、ある意味相討ちの可能性がある状態で次の人造人間編へ(実際は脱出成功で勝利))、人造人間編では勝負を息子に委ね、ブウ編では悟空が勝利する

        超になっても、神神は敗北、復活F敗北からの時間回帰、ヒット戦は降参、ザマス戦は全王、サバイバル編は17号、ブロリー戦はゴジータ
        アニメがあった範囲では超でも悟空はあまり勝ってはないので、グラノラ編も分からないかもな

  5. 匿名 より:

    ベジータが殺す気でいるのは破壊の威力を上げるためかな

  6. 匿名 より:

    ビルス見たいに破壊って言って破壊するんじゃないの?

  7. 匿名 より:

    超のベジータは物語を動かす役回りを得たシーンと悟空の三下的期間の作画を比べると
    前者がそこそこで後者が崩壊ぎみ(やっつけ仕事)なので分かりやすい

  8. 匿名 より:

    グラノラは力を分身に分け与えた時点で次回すぐに倒されそう

  9. 身勝手の呼吸 より:

    また悟空が負けましたね。
    ワンパターン過ぎますね。
    たまには、修行した悟空が一回目の対戦でキッチリ倒すパターンを見たいのですが…。
    ピンチからみんなで勝利!なんて、幼稚過ぎな展開で飽き飽きです。

  10. 鳩山由紀夫 より:

    なんかパターン化してないか?

  11. 匿名 より:

    ザマス編は時間改変はしないという神の決まりがあって、ビルスは現在で破壊の必要性を感じれば働くという方針で未来には不介入(実際には全王が介入して、全王は味方ではない気まぐれな存在であると見せつけられた)

    宇宙サバイバルは、神はバトルに不参加

    モロ編、破壊神が介入しない理由が不明、ビルスが働かないから過去に大界王神が動いた(界王神と破壊神は同格であり、界王神が介入して問題のない状況であれば、破壊神が介入しても問題ないはず。宇宙サバイバル編の他の宇宙の様子では界王神と破壊神が協力的な宇宙もあり、界王神が全滅すれば、破壊神も死ぬので、界王神が勝てない相手は破壊神と協力すると考えられる)

    グラノラ編、ただサイヤ人だからとヘイトを向けられてるだけなので危機でもない(悟空はヘイトを止めようとして失敗、ベジータは煽り返す)

タイトルとURLをコピーしました