ドラゴンボール超【第119話】あらすじと感想!第4宇宙シャンツァとダモン、ガミサラスの能力とは?


ドラゴンボール超(スーパー)の第119話のタイトルはこちら!
「回避不能!?ステルス攻撃の猛威!!」

2017年12月10日放送

スポンサーリンク

前回のあらすじ

第2宇宙は住民たちに「力の大会」の模様を中継していました。
自身の宇宙の住民達から愛の力をもらったラバンラ、ザーブト、ザーロインが変身します。
体力を消耗している悟空と17号と18号が立ち向かうのでした。
ほぼ互角な感じで戦いあう6人でした。

サオネルとピリナと白熱したバトルを繰り広げる悟飯とピッコロ。
気迫におされるピッコロ。
悟飯は精神的にも余裕で立ち向かうのでした。
第6宇宙ナメック星人の同胞達と同化した事が明らかになったサオネルとピリナ。
驚異的な強さの秘密は同化が理由でした。

第2宇宙の戦士ラバンラたちは「愛の重さ」で作ったプリティブラックホールを悟空たちに発射!
押しつぶされそうになる悟空たち。
ブルーに変身してかめはめ波で打ち破り、そのままラバンラたちを場外へ!

一方、悟飯もかめはめ波をサオネルとピリナに発射!
そして気が熟したピッコロの魔貫光殺砲も炸裂!
サオネルとピリナを場外へ落としたのでした。

これによって第2宇宙と第6宇宙は消滅しました。
キャベが消えてしまった事により不機嫌なベジータはカトペスラと対峙しているのでした。

第119話の予告と先行あらすじ

姿も見えず、気も感じとることができない何者かに第7宇宙のメンバーは次々に襲われる。
第4宇宙の特殊能力をもつ戦士たちがついに牙をむき攻撃してきたのだ!

【少年ジャンプによるあらすじ】
第119話「第7宇宙から新たな犠牲者!第4宇宙の本領」
見えない敵!
第4宇宙による奇襲!!

第6宇宙も全滅し、終盤に差しかかる力の大会!
その時、第4宇宙が第7宇宙に奇襲をしかけてくる!!

見えない敵に対し悟空はどう挑む!?

第119話の予想と考察

まず一番気になるのは第119話のタイトルです。
ジャンプとアニメージュでは「第7宇宙から新たな犠牲者!第4宇宙の本領」となっています。
しかし実際のタイトルは「回避不能!?ステルス攻撃の猛威!!」となっています。

これはアニメ製作側が予告タイトルによるネタバレを防ぐために変えた可能性があります。
中身はジャンプやアニメージュのタイトル通りに第7宇宙から誰かが脱落すると思われます。

予想ではピッコロだと思ってます。
見えない敵を打ち破るためにピッコロが犠牲になりそうです。
ピッコロは観覧席からの解説役の方が似合う感じもしますしね。

ついに第4宇宙の見えない敵とシャンツァが登場!
シャンツァはネットでは最強の敵でラスボスなんて噂まであります。
個人的には単なるザコの気がしてます。
予告では超音波のようなものを発していて見えない敵の援護をしてる感じでしょうか?
その能力が少し厄介な感じだと思います。

見えない敵はダモンとガミサラスですね。
虫のような戦士ですが、やっと登場です。
ダモンとガミサラス

オープニングにチラッと映ってます。
左上に映ってますが、これを見る限りは小さすぎて見えないとう事はなさそうですね。
タイトルにも「ステルス」と書いてあるため透明なのでしょう。

この3人の戦士を打ち破れば第4宇宙は消滅です。
ビルスと因縁がありそうなキテラの言動にも注目ですね。

第4宇宙シャンツァ最強説の噂が出た理由はこちら
ドラゴンボール超のネット噂のまとめ!力の大会のラスボス!?ダモン、ガミサラス、シャンツァやナメック星人のサオネルとピリナなど

噂されている脱落する順番はこちら
ドラゴンボール超【第115話,116話,117話,118話,119話】のネタバレ速報!あらすじの考察と予想

第119話のストーリー 前編

カトペスラと向かい合うベジータ。
沈黙を破ってお互いが激しい肉弾戦です。

ベジータの力量に満足して「疾風 怒涛のアルティメットモード」にモードチェンジして紫に変身。
パワーとスピードが通常の300倍になったようです。
カトペスラが説明している途中に攻撃をしかけてくるベジータ!

卑怯者呼ばわりするカトペスラの発言を聞く耳持たず打撃攻撃をしかけるベジータ。
カトペスラは両腕を黄色のオーラで包みパワーアップ!

最終奥義のカトペスラ・ザ・ファイナルミッションを発射!
ベジータはファイナルフラッシュで対抗!

打ち合いますがベジータが押し勝ちます。
ベジータ「分かったか?ファイナル技とはこういうものだ。」

武舞台ギリギリで踏ん張って助かるカトペスラ。
何かに足払いをされて落下していくのでした。
観覧席に戻ってきたカトペスラ。
モスコ「ピコピコピコ」
カンパーリ「モスコ様いわく 何をやっているんだ!と。」

仮面を脱いで素顔を晒すカトペスラ。
自身にも何が起きたか分からないようです。
誰かに足払いをかけられたとの事。

カトペスラが自滅したと思い武舞台から下を見下ろしているベジータ。
ベジータ「最後は自滅か?ポンコツ野郎め。」
そんなベジータに接近して足払いをしかける何者かがいます。
落ちそうになったベジータは何とか手で武舞台を掴み助かります。
周囲を見回しても誰もいません。

カトペスラとベジータの様子が変だったことに気付くビルス。
瞬間移動か残像拳かもしれないと発言する天津飯。

悟飯も見えない敵に背中を突き飛ばされて落下。
ピッコロが腕を伸ばして助けるのでした。
ヒットのような「時とばし」の使い手がいるかもしれないと予想するピッコロ。

悟空と17号は何かが潜んでいる事に気付くのでした。
ディスポやトッポも潜んでいる何者かを探す事に集中しています。
悟飯によると気が読めないようです。
気を抑えて隠していると判断するピッコロ。

18号の背中側から見えない敵が接近中!
一撃をくらわされて吹っ飛ぶ18号!
クリリン「あっ!18号さん!!」
連続打撃をくらいまくって成すすべもない18号。

やらしく笑っているキテラ。
その姿を見て第4宇宙の仕業だと気付くビルス達。
姿も攻撃も何もかもが見えないため透明人間と発言する亀仙人。
透明人間なんて古い手のためビルスが否定します。
しかしキテラが透明人間と認めるのでした。

クリリンが18号に透明人間だと伝えます。
それが分かってもどうする事も出来ずにやられまくる18号。
その前に立ちはだかるピッコロ。
気をためて爆発波を放ち周囲を破壊!
透明人間は逃げていきました。

あの技なら相手が見えなくてもヒットすると発言する界王神シン。
ウイスによれば大技は何度も出せないとの事。
体力を消耗してしまうと相手の思うつぼだからです。
透明人間が敵という事で何かを思い出す亀仙人。
悟飯に鼻血をぶっ掛けるように指示!

鼻血を出すような状況ではないため悩む悟飯。
何かをひらめいた悟飯は連続エネルギー弾を地面に打ちまくるのでした。
そんな手ではガミサラスは倒せないと余裕のキテラ。
透明人間の正体がガミサラスと判明。
キテラによるとガミサラスは誰も捕まえられないため、気力と体力を削ってやっつける戦略のようです。

悟飯のエネルギー弾で巻き起こった土煙でホコリが付いたガミサラス。
見えない敵のガミサラスの姿が薄く見えるようになったのでした。

ピッコロにボコボコにされるガミサラス。
姿が見えればピッコロでも余裕で勝てるとの事。
口からの気功波を受けたガミサラスはあっさりと場外へ落下。
観覧席に戻ってきても姿は見えません。

キテラの作戦など通用しないと余裕のビルス。
悔しがるキテラでしたが、ここからが本番との事。

第119話のストーリー 後編

ガミサラスを倒した悟飯とピッコロを見て褒める悟空。

キテラの指示でシャンツァが行動に出ます。
シャンツァ「うにゅっ!」
手を前に出し超音波のような光線を発射!

周囲は赤黒く変化。
ベルガモ「覚悟しろ。お前達に復讐するために異次元から戻ってきたぞ。」
消滅したはずの第9宇宙の戦士達が現れるのでした。

ピッコロが攻撃をしてもすり抜けてしまい効果なしです。
蜃気楼のようだと考える悟飯。

バジルがピッコロに攻撃!
幻覚ではなく実体があるかのように打撃をヒットさせてきます。
実体のある幻なのかと戸惑うピッコロ。

現れた第6宇宙のボタモは悟空に攻撃。
第2宇宙のプランは18号、カクンサは17号へ攻撃!

相手が幻のため気を感じないという悟飯。
しかし近くから2人分の気を感じると発言するピッコロ。
動いている奴と動いていない奴がいるようです。

その発言で悟飯は敵の戦略に気付きます。
1人が幻を操り、もう1人が幻に隠れながら攻撃しているとの事。

幻たちの攻撃を避けて飛び上がる悟飯とピッコロ。
それを見上げるシャンツァ。
シャンツァ「ほえ~。」

ピッコロは動いていない敵のシャンツァに気付きます。
シャンツァ「はにゃっ!」
すかさず岩陰に隠れるシャンツァ。

ピッコロがそこにエネルギー弾を発射!
あっさりとくらって場外に落下していくシャンツァでした。
観覧席に戻ってきます。
あれくらい避けろとキテラに叱られるのでした。
シャンツァ「無理 無理 ごめんなさ~い。」
シャンツァが脱落したため幻も消えます。

見えない何者かから攻撃を受けるピッコロ。
もう1人透明人間がいると疑惑を抱くビルスやクリリン。
種さえ分かれば透明人間は余裕で倒せると自信満々のピッコロ。
しかも今度の敵は気を隠せていないようです。

全部バレてしまっていると焦るキテラ
ピッコロは連続エネルギー弾を発射!
しかし不発だったようです。

敵の攻撃を避けているうちに武舞台の端ギリギリの場所まで追い詰められました。
集中して自身の後ろに気を感じます。
手刀を打ち込みます!

しかし敵の姿は無く不発でした。
ピッコロ「そんなバカな。」

背中から連続打撃をくらいまくるピッコロ。
そして、そのまま落とされて脱落していくのでした。

余裕の表情でピッコロをバカにしているキテラ。
先ほどの追い詰められて焦っていた姿は演技だったのです。

観覧席にもどってきたピッコロ。
気がある場所に間違いなく攻撃をしかけたけれど手ごたえがなかったとの事。
まるで本当の透明人間のようだったようです。

キテラ「キキキ その勢いだダモン!みんな落としちまえ!」
敵の名前がダモンと判明。

17号が冷静に周囲を警戒しています。
連続打撃をくらいそのまま武舞台端まで吹っ飛ばされます。
しかし悟空が受け止めてくれて助かるのでした。

かなりピンチでしたが焦る様子はなく冷静な17号。
そんな2人に見えない敵ダモンが接近。
気を感じて攻撃をしかける悟空。
しかし手ごたえなしです。

悟空が攻撃を受けている動作をみてダモンの何かに気付いた17号。
目をつむって構えます。
無数の攻撃を受けますが微動だにしない17号。
高速で飛び回る白い影。

音を感じてその影に向けてエネルギー弾を発射!
ダモン「うわ~!」
なんとか避けるダモン。

悟空たちは気を探る事を考えすぎだと忠告する17号。
敵は透明人間でも何でもないとの事。
17号「当たらない理由はただ1つ。虫人間だからだ。」

そう言ってエネルギー弾を発射!
命中したダモンは落下。
ダモンは虫のようにかなり小さかったのです。

小さすぎて攻撃が当たらなかったようです。
気を探る事に意識を集中しすぎたことを反省するピッコロ。
音に気付いていればと後悔するのでした。
ウイスによれば透明人間という先入観にとらわれすぎた結果のようです。

バレてしまったダモンに絶対に落ちるなと活を入れるキテラ。
正体がバレてもどうって事ないと余裕のダモン。
連続エネルギー弾を打ち込んでくる17号に飛び掛り攻撃!
ダモンに攻撃はあたりません。

敵の正体が分かっても攻撃があたらず苦戦する悟空と17号。
17号がダモンには羽がない事に気付きます。
いつもジャンプで攻撃してきます。
ダモンのジャンプを封じる事が勝つ方法だと考えます。

地面を殴りつけて地震を起させる悟空。
振動で浮き上がるダモンに17号がエネルギー弾を発射!
なんとか避けたダモン。
ダモンはかなり焦っています。

悟空がもう1発打ち込みます。
更にもう1発です。
高く舞い上がったダモン。
17号が発射したバリアに包み込まれるダモン。
脱出は不可能です。

バリアの中に封じ込めてダモンを捕まえることに成功。
そのままバリアごと蹴り飛ばされて落下していくダモン。

観覧席に戻ってきたダモンを踏みつようとしているキテラでした。
全王によって全王パッドからダモンが消されます。
全王たち「第4宇宙いなくなったね。 いなくなったね。」

キテラ「いやだー消えたくない!消えてたまるか!」
往生際の悪いキテラ。
全員を道連れにしようとした時に消滅していくのでした。

透明人間に虫人間。
見えない敵を倒した第7宇宙の戦士達。
残る宇宙は第3、第7、第11宇宙です。
試合終了まで残り12分です。

個人的な感想と考察

第4宇宙の戦略は結構よかったのではないでしょうか?
特にダモンとシャンツァの連携攻撃ですね。
シャンツァが幻を作りダモンが隠れながら攻撃!
それによって実態のある幻と思わせて錯乱。

そしてガミサラスの後の戦いのためダモンを透明人間だと思い込ませる先入観で悟空たちを追い詰めます。
知恵者であるピッコロを脱落させるほどの戦略でしたね。
ピッコロは腕を伸ばして捕まれば助かったと思ってしまったのは私だけでしょうか?
17号の冷静さのおかげで勝利出来たため功績は大きいですね。

ネットでは適当なデザインやジャネンバに似ている事などがきっかけで最強と噂されていたシャンツァ。
単なるザコであっさり脱落。
初めて声が聞けました。
第一声は「うにゅ!」です。
能力は幻を作り出すだけのようですね。

過去のオマージュも登場!
亀仙人の鼻血作戦は占いババの宮殿でヤムチャVS透明人間スケさんの戦いからですね。
クリリンがブルマの胸を露出させ、それを見た亀仙人が大量の鼻血を噴射!
スケさんにかかり姿が丸見えになると言う戦法でした。

今回やるとすれば対象となる相手がいませんね。
強いて言えば18号しかいないわけで、やる相手は悟空でしょうか?
今の悟空ならやりかねませんね。
ただ放送コード的に無理でしょう。

ピッコロの気を溜めた爆発波!
これは天下一武道会で悟空に使った超爆裂魔波ですね。
映像だけで言えば当時の方が破壊力や技の凄みも高かったですね。
今回はとりあえずファンのために使ってみた感が否めません。

気になったのは透明人間のガミサラスです。
Vジャンプではダモンの色違いとして紹介されていました。
しかし実際は全然違う外見でした。
外見と言っても透明なのでシルエットだけですけどね。

Vジャンプで紹介されたガミサラスはこちらです。
ダモンとガミサラス

今回のアニメで明らかになったガミサラスの外見。
毛が逆立っていて尻尾もありますね。

ダモンは小さくて見えない敵だと予想していた事もありました。
ダモンは小さくなくて透明だと予想していました。
オープニングに登場している戦士がダモンが透明化を解いた姿だと思っていたからです。
実際は小さい敵で正解でしたね。

そうなるとオープニングで登場している左上の戦士は誰なのでしょう?
ダモンにしては大きすぎます。
遠近法で大きく見えるのでしょうか?
でもリブリアンよりも後ろにいますけどね。

キテラは漫画版では腕相撲でビルスにも勝ったことがある破壊神です。
何か凄い考えや行動があると思ってました。
実際は何もなく卑怯で嫌味も多く小物感が溢れる破壊神でしたね。
漫画版ではどのような扱いになるのか気になります。

【前回の話】
ドラゴンボール超【第118話】あらすじと感想!ナメック星人同士の激戦!宇宙消滅

第119話から第122話までの先行ネタバレ
ドラゴンボール超の速報!第119話,120話,121話,122話の先行あらすじの考察と感想

破壊神キテラはビルスに腕相撲で勝った!
ドラゴンボール超【Vジャンプ漫画版】第28話 あらすじと感想!破壊神が全覧試合!

公式サイトでキャラ情報が更新
ドラゴンボール超の公式サイトが更新!隠しキャラはまだ?氷川きよしの特典について!

力の大会に出場する戦士達
ドラゴンボール超の力の大会のネタバレ速報 各宇宙の戦士の名前がほぼ判明!

スポンサーリンク

お読みいただき有難うございました。
下記にも色々なカテゴリがあります。
是非ご覧ください。

コメントは匿名で書き込めます!
色々な意見をどんどんお待ちしています。
お気軽に議論していって下さいね!



  • English (United States)
  • 日本語


【このブログのドラゴンボールランクを見る!】
にほんブログ村 アニメブログ ドラゴンボールへ

コメント

  1. ooo より:

    第6宇宙のヴァドスが第7の観覧席に移動していた!
    第7宇宙は天使が二人になってしまいましたw

    • 超KRAS4B より:

      ですね。でも一応機能停止しているんじゃないでしょうか。ご主人いなくなっちゃったし。

      • ooo より:

        天使の機能って、ウイスを例にすること
        破壊神の料理を含む健康管理と
        暴走を止めていましたし、
        破壊神の修行の手助け
        そして時間を巻き戻してますね!
        破壊神がいなくなると、たいくつかもw
        破壊神は元は人間で界王神と契約すると寿命が
        界王神と同じになるようですね

  2. 翠玉 より:

    またガセがありましたね。
    虫人間ダモン、透明人間ガミサラスと分けてあった時点で
    実はガミサラスの姿が違うんじゃないか?とは何となく予測してた。
    なんかトカゲっぽい感じだったね。

    あと腕相撲のくだりも一切なし。あの話自体絶対いらなかっただろ。
    それともアニメ版ではベルモッドが勝った相手だったのだろうか。
    それなら別に問題ないんだけど。

    そして、みんなのアイドル・カトペスラさん敗退…残念。お疲れ様でした。

  3. 匿名 より:

    ごめん。シャンツァはピッコロ以下の雑魚だった。

  4. ヘボボット より:

    誰だ~~い!シャンツァ最強説をうたっていたのは(笑)あまりにも退場がアッサリしすぎて拍子抜けたヘボボット(*´ー`*)

  5. 北米より より:

    究極奥義夢想転生は身勝手の極意と通ずるところがあるのかな。

  6. 匿名 より:

    先週のピッコロと今週のピッコロが同一人物とは思えない扱いだった。
    第4宇宙はよくもあんな面子で出て来たな。
    シリーズとしては集大成みたいな感じだが内容が薄過ぎる。

    • 翠玉 より:

      >第4宇宙はよくもあんな面子で出て来たな。

      今となっては身勝手を見ても狼狽えず、ポタラも必要ないと
      あんなに大物気取って余裕ぶっこいてたキテラがどうしようもないバカネズミに見えてしまうな…
      第4宇宙は能力重視で強いキャラが殆どいないからなぁ。
      下手したら単純な戦闘力だけなら超1キャベより強いモンナが一番強かったんじゃないか(笑)成長率ではガノスだろうけど。

      透明人間→幻覚→極小戦士という今回の作戦自体は悪くないが
      こんなことなら数を維持するために逃げ回ってた方がマシだったかもしれないな。

  7. しかたない ね より:

    ¥00 →『 0 』

  8. 匿名 より:

    そして第13宇宙以降の宇宙からの乱入
    大神官の目的は来たる別宇宙からの侵略者にそなえるためじゃね
    明かされるくだんとしか思えない真実1~13のついとなる14~26の宇宙とか
    まっオワコン漫画なんでもアリ

  9. 匿名 より:

    ベジータの眼が一瞬、身勝手の極意を得た様に見えました。気のせいですかねぇ・・・。
    ベジータファンなので、そう思えるのですかね。失礼しました。

  10. 匿名 より:

    シャンツァ最強とはみじんも思ってなかったけどにしても弱すぎて笑ったwwww
    ピッコロはせめて相打ち位でやられて欲しかった

  11. 匿名 より:

    自分は仕事が超忙しい時に身勝手の極意を使っている。
    考えている暇はないから!(笑)

  12. 匿名 より:

    キテラ達、自業自得、因果応報。所詮、キテラは悪の破壊神。シャンツァは外見通り、力の大会の選手の中では最弱。第四宇宙の選手全員対したことなかった。消滅直前にもキテラは消滅を受け入れずに最期まで行儀悪く強情っぱっていたし。そんな第四宇宙のレベルは下から四番目に設定するのではなく、下から二番目にして、第六宇宙は下から四番目に、第七宇宙は下から三番目に設定した方がいいと思う。

  13. あらら より:

    わざわざここまで残した意味あるのかね?って思う。あまりにも弱すぎる。

  14. 匿名 より:

    女サイヤ人で4話も費やしたかと思ったら、今回はたった1話で駆け足気味で終わらして、マジでペース配分テキトーだなと思いました(怒)

  15. 匿名 より:

    ダモンとガミサラスは大会開始した時から触れられてて、ここまで伏せられていたのに特に何も無かったなんて…
    これで勝てると思ったキテラ無能すぎない?予想であったかくれんぼ戦術の方がずっとマシじゃん

    • 翠玉 より:

      気持ちはわかる。
      第四宇宙の扱いって「1話」でしかも「1分」だからなぁ…
      自爆技とか脱皮とかカウンターとか色々言われてたのは何だったんだろうか。
      ダモンとガミサラスで合体するのでは?とも言われてたりしてたけど。
      そして、陰謀の宇宙とは一体…

      透明な上に気配を感じないがそれ以上特に変わった能力がないガミサラス。
      高度な幻術が使えるが本人はまるで弱いシャンツァ。
      極小で攻撃が当たりにくい上に攻撃力も高いがそれ以上特に変わった能力がないダモン。

      ダモンとガミサラスはどちらかというと特殊能力じゃなくて、身体的特徴だしね。
      もっと凄い特殊能力があればよかったんだけど。
      開始当初から隠しキャラの様に凄い出し惜しみして引っ張ってたのに呆気なくて期待外れ感はどうしても否めないかな。

      ガミサラスがそこそこ強くて倒すのに1話、ダモンとシャンツァのコンビで1話、
      計二話完結くらい引っ張ればよかったんだけど、ちょっと拍子抜けすぎたよね。
      ビルスとキテラの因縁とか何にも説明ないし、今回は色々消化不良すぎたかと。
      戦闘シーン自体には不満はないんだけどね。

      次回の第三宇宙の合体ロボに期待しようか。

  16. 匿名 より:

    キテラのところはガノスが早くに脱落したのがいたかったのかな
    これを言うと亀仙人が実にいい仕事をしたことになる。

    ダモンってちゃっかりOPに映ってたんだね、サビにはいる前の左上にいたやつ誰だろうって思ってたらダモンだった

    • 翠玉 より:

      亀仙人によると「どんどん強くなって悟空達の足元をすくい兼ねん」だからね。
      ガノスの成長能力は極限状態まで追い詰められるとパワーアップするので
      ある意味、瀕死からの復活でパワーアップするサイヤ人より驚異かも。
      何気にダーコリの札術も相当厄介なものだったし、確かに亀仙人の貢献度は十分あったと思う。
      キャウェイは多分いてもいなくても関係ないが(笑)

  17. 匿名 より:

    普通、最後まで隠れる戦法をとるんじゃねえ?
    ストーリ的には困るけどね。

  18. スーパーサイヤ人グレー より:

    第4・第9・第10宇宙は出て来る価値さえ無かった。
    力の大会に出場する事もなく即消しで良かっただろうに・・・
    その分、内容が濃くなっただろうに。

  19. 匿名 より:

    17号がダモンの動く音を聞いて場所を察知したとあるけど、光速レベルで動く連中の音に反応しても意味ないでしょ。

  20. 匿名 より:

    脚本の久尾歩はドラゴンボール超は119話が初
    当たり前だがキャラの扱い方も全然なってなかった

  21. 匿名 より:

    ザマスがカトペスラより弱いとか言ってたバカがいたけどザマスは超サイヤ人2の悟空とある程度戦えるからノーマルの悟空やベジータやゴールデン無しのフリーザじゃ絶対に勝てないだろ。カトペスラはアルティメットモードでもザマスより弱いだろ。ザマスがそんなに弱かったら未来トランクス編に第10宇宙の悪人軍団出さなきゃダメだろ。