ドラゴンボール超の漫画版の第59話 悟空VSモロ 身勝手の極意の兆の意味

ドラゴンボール超のVジャンプ連載の漫画版が発売されました。
発売日は2020年4月21日ですね。

第59話「発動!身勝手の極意 兆」

「今回の話はVジャンプ6月号に収録されています。」

Vジャンプ 2020年 06 月号 [雑誌]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

身勝手の極意の「兆」

戦線離脱して浮かぶモロの宇宙船で待機しているシモレッカ。
例のサイヤ人が来た事を把握します。
空を飛んでいく複数の銀河パトロール船を見て、ほとんどの囚人が捕まった事を知るのでした。
そして、セブンスリーは17号にボコボコにされたため瀕死状態で横たわっています。

身勝手の極意の「兆」を発動した悟空。
自由に変身できる事を知り嬉しそうなピッコロ。

悟空が神の技を使う事が予想外だとつぶやくモロ。
構える悟空。

右の拳を繰り出す動作をした瞬間にモロの左肩に衝撃が発生!
連続で拳を繰り出す動作をする悟空。

「ぐっ」という声を出して両手でガードしてこらえるモロ。

悟空が何をしているのか分かっていないピッコロ。
ジャコによれば激しく拳を動かして風圧で攻撃しているとの事。

小賢しい技だと言い放ちモロの反撃!
連続エネルギー弾をかいくぐって突進してくる悟空。

両手でしっかりガードするモロ。
更に悟空の回し蹴りが炸裂で押されてます。

素早い動きが身勝手の極意の特徴だと理解したモロ。
魔力を使って悟空の動きを封じるのでした。

金縛り状態になり蹴り飛ばされる悟空ですが、地面に叩き付けられる手前で強引に金縛りを解くのでした。
そしてモロの背後に回る悟空。

今のが魔力なのかと問う悟空。
こんなのはほんの一部で、魔力はまだまだあるとの事。

スポンサーリンク

悟空とモロはほぼ互角!?

一方、ヤードラット星で修行中のベジータ。
地球で悟空とモロが戦っている事を把握しているのでした。

モロの魔力による稲妻攻撃を避け続けている悟空。
稲妻がサガンボの死骸にあたって消滅。

それに気づいた悟空はピッコロや悟飯にこの場所から離れるように指示するのでした。

地球のダメージは気にせず戦ってほしいと伝える悟飯。
ドラゴンボールは既に集めてあってデンデが保管していると悟空に伝えます。
地球はドラゴンボールで元に戻せます。
避難する悟飯、ピッコロ、ジャコ。

稲妻攻撃をかいくぐりながらかめはめ波を打とうと構えながら走る悟空。
そしてモロがいる場所とは正反対の場所に打ち込むのでした。
打ち込んだ場所にはモロがいて驚いた表情でかめはめ波を受け止めます。

最初に悟空が向かっていったモロは幻影だったのでした。
それに気づいたことを褒めるモロ。
悟空は以前にもモロの幻影の技を見た事があったため見抜いていたのでした。

闘いを見守っている17号と18号の元に非難してきた悟飯たちが合流。
悟空がどれくらい強くなっているのかピッコロに問う18号。
気を感じる事が出来ないため不明だと答えるピッコロ。

再び激しい肉弾戦を繰り広げる悟空とモロ。
モロに打撃を与えて追い詰めている悟空。

互いの拳が腹にめり込んで相打ち!
一時中断かと思いきや更に両者とも突撃しあって肉弾戦です。

悟飯が2人が互角なのかとつぶやきます。
ピッコロによればスピードは明らかに悟空が上だと答えます。
ただモロにはエネルギー吸収技があるため勝敗は不明。

スポンサーリンク

モロの厄介なエネルギー吸収技

突撃してくる悟空に対して手を構えてエネルギー吸収をしようとするモロ。
しかし悟空が高速移動で消えます。
背後にまわってモロを殴りつけます。

悟空は高速移動で消えてモロのエネルギー吸収技を避ける作戦で戦っているのでした。
このままいけば悟空が勝てると喜ぶピッコロ達。
吸収技を攻略したと歓喜するジャコ。

相変わらず2人の闘いは続いています。
悟空の蹴りが何発も入ってモロを追い詰めています。

おそらくとんでもない修行をしたのだと推測しているピッコロ。
銀髪の身勝手の極意にも変身できるのではと期待している悟飯。

スポンサーリンク

メルスの不安

一方、ビルス星の場面に切り替わります。
ウイスの杖を使って闘いの状況を見ているウイスとメルス。

悟空をここまで鍛え上げたメルスを評価するウイス。

ビルスがメルスを小僧呼ばわりして下界にいたなら美味しい飯くらい作れるのかと問います。
銀河パトロールとして働いていただけなので出来ませんと答えるメルス。
使えないやつ呼ばわりされてしまうのでした。

ウイスが悟空は身勝手の極意を完成させたのかとメルスに問います。
言葉を濁すメルスでした。

スポンサーリンク

焦る悟空

地球では悟空とモロの激しい肉弾戦が続いています。
悟空が勝負を焦っている事に気づくモロ。

モロが言います。
エネルギー吸収はパワーアップするためではなく腹を満たすのが目的だと。
パワーアップする事は単なる副産物であって目的でありません。

モロはパワーアップのために悟空にエネルギー吸収技を使っていたわけではありません。
悟空を倒すのにその必要はないという事です。
すなわち今のモロは本気状態ではないです。

気合を入れて本気モードになるモロ。
バカでかい気に驚愕するピッコロ達。

悟空をあっさり捕まえて羽交い絞めにして稲妻攻撃を食らわせます。
ダメージを受けた悟空はノーマル状態に戻ってしまうのでした。
そして岩盤に叩き付けられます。

スポンサーリンク

悟空とメルスの修行は未完成

一方、ウイスとメルスの会話です。
悟空は身勝手の極意を完成させれずに「兆」までしか会得できなかったようです。

ウイスによれば「兆」の状態は身勝手の極意の単なる入り口に過ぎません。
そして形態としては安定していません。
不安定なため形態を維持するためには体力を極端に消耗するとの事。

メルスの考えとしてはモロを倒すためには体力の消耗を抑えながら戦って身勝手の極意「兆」の状態をなるべく長く維持すると言うものでした。

スポンサーリンク

本気同士の戦い

場面は地球に戻ります。
体力が残っている早い段階でケリを付けたかったのだろうと悟空の作戦を推測するモロ。
モロは悟空の体力が落ちていくのを待っていたとの事。

それに対して待っていたという事はフルパワー状態の自分には敵わないと思ったからだと返答する悟空。
無言のモロ。

フルパワー状態で戦い続ければ自分の勝ちだと宣言する悟空。
そして気合入れてフルパワーになる悟空。

悟空「すまねぇな。メルス。 やっぱ体力を調整しながら戦うってのはオラには向いてねぇ。」
そう呟くのでした。

面白い展開になってきたと喜ぶモロでした。

スポンサーリンク

個人的な感想や考察

今回は肉弾戦のバトルがとても多い回でしたね。
とよたろう先生の疾走感あふれるバトルシーンはなかなかよかったと思いました。
上から目線で失礼ですが、戦闘シーンが上手くなったと感じました。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

身勝手の極意を発動中の悟空は基本はほとんどしゃべりません。
無言で戦闘を繰り広げるのが特徴ですよね。
今回は戦いの合間に会話はしてましたけどね。

悟空が拳を繰り出して衝撃波を与える技を使っていました。
普段は使わない技ですね。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

この技は第23回天下一武道会で悟空がチチを倒した技ですね。
それを見ていたマジュニア(ピッコロ)は我々魔族の技に近いとつぶやいていました。

引用元 ドラゴンボール 集英社


引用元 ドラゴンボール 集英社

そんなピッコロは悟空の技を見て何をしているのか分からないと言っていましたね。
覚えていないのかな?
早すぎる悟空の動作自体が見れなかったと言う事にしておきましょう。

悟空がモロの魔力で動きを封じられて攻撃を受けて、抜け出してからモロの背後に立つという流れがナメック星でのフリーザとの闘いに似ていますね。

悟空はフリーザにも超能力(サイコキネシス)で動きを封じられてましたしね。
あの時は爆発の瞬間の高速移動で抜け出していました
その後にピッコロ達の背後に立ってましたけどね。

モロのエネルギー吸収技を高速移動で避けてました。
これは瞬間移動でも代用できそうです。

モロって手をかざさないとエネルギー吸収できなかったでしたっけ?
以前は悟空もベジータもいつの間にか体力を吸収されていた感じがします。

身勝手の極意の「兆」状態でモロよりも戦闘力は上のようです。
ただお互いが本気状態ではありません。

モロが本気になり悟空も本気になりました。
本来ならば体力の消費を抑えないと維持できない状態の「兆」です。

引用元 Vジャンプ ドラゴンボール超 集英社

今回は悟空は本気なので体力を存分に使う気でいるようです。
「兆」状態がすぐに解けてしまうと思うのですぐに勝負を決めないとダメという事でしょう。
モロが本気状態でなければ倒せていたのでしょう。
しかし、本気になってしまったため勝負の行方は分かりません。

個人的には悟空は負けると思います。
そしてピンチ時にベジータが登場するのでしょう。

更にベジータがピンチになったら身勝手の極意の「極」の形態になり完成系となるような気がします。

【前回の話】
ドラゴンボール超【漫画版】第58話 あらすじと感想!サガンボ死亡 悟空が神の技を披露

【次回の話】
ドラゴンボール超の漫画版の第60話 身勝手の極意の悟空が負ける ベジータVSモロ

ドラゴンボール超の漫画版の単行本12巻の感想
ドラゴンボール超の漫画版の最新刊12巻の感想と内容について

ドラゴンボールヒーローズのアニメ
ドラゴンボールヒーローズのアニメ第20話の感想 暗黒王メチカブラとの最終決戦

監獄惑星編 アニメ版の1話はこちらから
ドラゴンボール監獄惑星編アニメ 第1話 超サイヤ人4悟空VSブルー悟空

監獄惑星編の概要はこちら
監獄惑星編 ドラゴンボールヒーローズがアニメ化!悪のサイヤ人の正体は?

ドラゴンボールヒーローズに登場する新キャラ ダーブラの妹が登場
ドラゴンボールのゼノバースはオリジナルキャラも登場する高評価なゲーム!

ドラゴンボールヒーローズに原作者の鳥山先生がコメント
ドラゴンボールヒーローズのゲームに鳥山明がコメント!動画や裏話を掲載!

ドラゴンボールZのゲームKAKAROT
ドラゴンボールRPGゲーム「カカロット」の評判と感想のまとめ

映画ブロリーに関する記事はこちら
映画ブロリーの裏話や意外なキャラの登場 鳥山明のこだわりについて

ドラゴンボール超 映画ブロリーの製作秘話や感想のまとめ

ドラゴンボール超の映画ブロリーのあらすじと感想と結末

コメント

  1. 匿名 より:

    今回はベジータに華を持たせてやってくれよ❗️

  2. 匿名 より:

    またブルーみたいに体力消耗がーってか
    仙豆貰っとけ

    • 匿名 より:

      SSJが能力面では赤ゴッドの下位互換に
      赤ゴッドはブルーのほぼ下位互換に
      今度はブルーが兆の…って

      ほんと勿体無いことするよなぁ鳥山

      こんな状態だから現状赤ゴッド以下は単なる舐めプ装置だし

  3. 匿名 より:

    原作だと余裕かました敵をそれ以上の力で圧倒してスカッとさせる描写がいくつもあったけど、
    超の場合は、いくら悟空達が強くなっても敵の方が更に一枚上をいくような展開ばかりでヤキモキする

    なんかアニオリ特有の、終始圧倒されてラストに奇跡の大逆転パターンにつられてないだろうか?

    • 匿名 より:

      ブラックはゴッドベジータに手も足もでず
      合体ザマスはベジットに圧倒されて
      ジレンは身勝手に体力を削ることでしか対抗できなくて
      ブロリーはブルーゴジータにまともにダメージを与えられずって漫画版で言えば結構圧倒してることも多いと思うけどなぁ…(最後は映画だけど漫画版だと相当する話がないので)
      まぁ、原作と違って完全な悪役が少ないから爽快感がないのかもしれないが

    • 匿名 より:

      恐らくこれから身勝手の極意の「極」(銀は1段階目かもしれない)の形態で敵を圧倒するだろう

    • 匿名 より:

      決してつまらないというつもりはないんだけど
      それはちょっとわかるかも
      ただブルー界王拳と身勝手の極意はなぜかめちゃくちゃ強いイメージがある
      漫画版

  4. 匿名 より:

    今回の銀河パトロール囚人編で仲間になるキャラクターっているかな?

  5. スーパーサイヤ人 より:

    いっそのこと神龍に体力無限に
    して、モロに吸収されないようにお願いすれぱ勝てるのでは?

  6. 匿名 より:

    決してつまらないというつもりはないけどそれはちょっとわかる
    ただブルー界王拳と身勝手は勝ちこそしなかったもののめちゃくちゃ強いってわかって好き
    まぁ絶望感のある強敵と圧倒的なパワーアップによる無双あるのがDBだよな

タイトルとURLをコピーしました